タグ:神社・仏閣 ( 25 ) タグの人気記事
講座「神鹿の誕生と鹿曼荼羅」
春日大社宝物殿 松村和歌子主任学芸員のお話を聞いてきました。

I . なぜ、鹿は神様のお使いになったのか?
  1.日本で霊獣と信じられていた鹿
      ・「太占」(鹿などの動物の骨を焼いて、そのヒビの入り方で占う)
      ・予知能力を持つしか
      ・『古事記』や『日本書記』の白鹿神(地の神、祖霊神として登場)
      ・瑞祥として白鹿の朝廷への献上

  2.中国でもフ来るから鹿は尊くめでたいものだった

  3.日本人は、中国文化とともに吉祥感を受け継いだ

Ⅱ.春日における神鹿の誕生

Ⅲ. 鹿曼荼羅の発生

(左)春日宮曼荼羅 南北朝時代 、(右)鹿島立神影図 南北朝時代
これらは現在、宝物殿に展示されています。
c0145299_14495957.jpg


こちらは以前、奈良国立博物館で開催された「奈良・春日大社名宝展」での展示があったもの
(左上)鹿座神影図部分  室町時代  (右上)春日曼荼羅  鎌倉時代
(左下)鹿島立神影図    室町時代 (右下)黒漆春日神鹿舎利厨子  南北朝時代(14C)
c0145299_1454590.jpg


私の鹿の絵ハガキのコレクション(というほどもものではなく、まだ全部でこの6枚)
もしいずれかの博物館・美術館で神鹿さん見かけたら、買ってきてくださいませ~
(お花の絵画の絵ハガキも集めていますが)

境内にある燈篭にも鹿が彫られています。
六角形をしたものが、春日燈篭とよばれる灯篭
c0145299_1535041.jpg

c0145299_154641.jpg

吊り灯篭にも  (夏にはこの吊り燈篭の講座をされるようです。)
c0145299_1551785.jpg

今も、黄金色に輝く真新しい燈篭が奉納されています。1基、200万円ほどだそうです。

昨年秋、岡山の吉備津神社にあった燈篭。ここにも鹿がほられています。
c0145299_159285.jpg

すぐ近くには末社・春日宮がありました。
c0145299_1592542.jpg


鹿の親子
子鹿が必死で母鹿を追いかけ、お乳をむさぼり飲んでいました。
c0145299_15113527.jpg

あっちを向いても追いかけ、
c0145299_1512146.jpg

前に進んでも、離されまいと追いかけ・・・
c0145299_15124130.jpg


2月3日の万燈篭の準備が整えられていました
c0145299_15132912.jpg

節分万燈籠 2月3日(木) 18時~20時30分
  ※9時から20時 厄除け祈祷受付
  ※17時30分より舞楽「仁和楽」を奉納
  ※回廊内の撮影は三脚・一脚の使用禁止
[PR]
by kanko39 | 2011-01-29 23:18 | 日本文化・歳時
京都・八坂神社
前の東大路通りや四条通りはよく通るのですが、境内に入って参拝するのはほんとに何年かぶりです。
c0145299_13201284.jpg

ご本殿
スサノヲノミコト(素戔嗚尊)、クシイナダヒメノミコト(櫛稲田姫命)、ヤハシラノミコガミ(八柱 御子神)がお祀りされています。
日本神話でも知られるように、スサノヲノミコトは、ヤマタノオロチ(八岐大蛇=あらゆる災厄)を退治し、クシイナダヒメノミコトを救って、地上に幸いをもたらした偉大な神さまです。
八坂神社HPより http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/shrine/index.html
c0145299_13215254.jpg

舞殿
c0145299_13283997.jpg


昨年秋、IさんとHさんが出雲地方に旅行された折、出雲大社の後に八重垣神社もお参りされたはず。
  「八雲立つ 出雲八重垣 妻籠みに 八重垣つくる その八重垣を」
この和歌が書かれた札を目にされたことでしょう。この歌は、わが国の和歌のはじめとされているそうです。

元気いっぱい~。こんなところからも、芽をだしてます!
c0145299_13291298.jpg


末社でひと際若い女の子が群がるお社が!
美御前社(うつくしごぜんしゃ)で、宗像三女神(多岐理毘売命・多岐津比売命・市杵島比売命)がお祀りされていました。人が少なくなるのを待って、参拝。
c0145299_13294276.jpg

もちろん、2~3滴ご神水をお肌に塗ってまいりました!
c0145299_13361999.jpg

c0145299_13363519.jpg

c0145299_1337845.jpg


同じ並びにある末社、大神宮(御祭神は天照大神・豊受大神)は、外から拝するだけですが、とても清々しい空間に感じられます。

その横には、摂社の悪王子社。素戔嗚尊の荒魂(あらみたま)が祀られています。

こちらは大国主社の前
大国主社(ご祭神は、大国主神・事代主神・少彦名命)
c0145299_13482891.jpg

私はこの「因幡の白兎」の昔話が大好き。
c0145299_1355527.jpg

幼稚園の学芸会の演目でした。
が、私はその当日、おたふく風邪にかかって欠席・・・。
忘れられない思い出のお話。
因幡の白兎さんは、優しい大国主神に出会って助けられ、鮫をだました利用した自らを反省するのですね。
私はうさぎ年生まれなのですが・・・・・
c0145299_13563166.jpg


えべっさんもいらっしゃいました
c0145299_13565172.jpg

とても福福しいいいお顔! 思わず、握手した次第。
c0145299_13575111.jpg


伊勢にある神社の神様も勧請されています。
c0145299_13591814.jpg

c0145299_13593421.jpg


他、多くの神様が勧請されお鎮まりになっているようです。
境内の摂社・末社 =>http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/shrine/08.html
八坂神社
〒605-0073 京都市東山区祇園町北側625番地
TEL:075-561-6155 FAX:075-531-1126
http://web.kyoto-inet.or.jp/org/yasaka/
■京阪祇園四条駅より徒歩で約5分
■阪急河原町駅より徒歩で約8分
■JR京都駅より車で約15分
■JR京都駅より市バス206番祇園下車すぐ


c0145299_1414894.jpg

八坂神社前交差点のローソン 前は何だったかな・・・


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

 いつもクリックをありがとうございます☆
 皆様のクリックが励みになっております!
 笑う門に福来たる♪  福がふくふくと、みなさまに届きますように・・・

By
KANKOフラワースクール(大阪市中央区/上本町・谷町9丁目 駅徒歩2分) さくら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



[PR]
by kanko39 | 2011-01-28 23:58 | パワースポット紀行
京都東山・東大谷廟
お墓参りにいってきました。
父の従兄にあたるおじさんが数年前に他界してから一度も行ってなかった本家のお墓。

そのおじさんが、むか~し、むか~し、私が生まれる前に書き記したらしいお墓の場所のメモが、物持ちのいい父の書類束から出てきたので。曾祖父母らもそこに眠っている。
これは参ってと言われている様な気がして。

木々の間から、スポット太陽の陽光をキャッチ!
夕陽は優しい、癒しのエネルギー、
黄金の光です。
c0145299_0355059.jpg


長い石だたみの参道は、冬の寒そうな色
c0145299_0375795.jpg

c0145299_0503164.jpg

山門
c0145299_0505889.jpg

ご本堂
c0145299_051175.jpg

ご本堂傍の松の枝、さあこの傘の中に入りなさいとばかりに。裾野をぐ〜〜〜んと広く、しかも上へ。
c0145299_0532961.jpg


明日、28日は親鸞聖人のご命日。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

 いつもクリックをありがとうございます☆
 皆様のクリックが励みになっております!
 笑う門に福来たる♪  福がふくふくと、みなさまに届きますように・・・

By
KANKOフラワースクール(大阪市中央区/上本町・谷町9丁目 駅徒歩2分) さくら

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



[PR]
by kanko39 | 2011-01-28 23:17 | パワースポット紀行
えべっさんで、福娘~♪ 
Aさんが今年の福娘をしています。
えべっさんに福もらいに行ってきました。
c0145299_19322438.jpg
人でいっぱい、境内そとまで列がつながり・・・

マイクでは、先に笹をもらって(買って)、それを手にもって参拝くださいというものの、やはり行儀良く列並んで鳥居をくぐってきているから、列を抜けてにくく・・・  福娘さんの前には、まだ人がいません。
c0145299_19344390.jpg

ここにはAさんがいらっしゃらないよう、反対側の授与所のよう。

いました、いました。。西側授与所に。
福娘のみなさん、とってもいい笑顔で、福を授けてくてれいます!
c0145299_1937438.jpg

c0145299_19463435.jpg


えびす顔~
c0145299_1940492.jpg

c0145299_19403595.jpg

c0145299_19405270.jpg

私は鯛焼きではなく、大きな大福餅を買って帰りました~♪

うちの教室では、福娘さんをされるのは、なんと3人目です。
私はお正月明けから、ますますお多福顔です~

えべっさんは関西地方だけ?で特に盛んなお祭りなのですね。
東京の方では、えびす祭りはされていない??

明日までです、えべっさん~♪♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2011-01-10 17:28 | ふら~り、行って来ました
極寒、元旦早朝の春日大社
翌日は家族そろっての初詣。

まだ日が昇る前の第2阪奈良道路。凍結していなくて、よかったです。早い時間はスイスイ!
c0145299_102254.jpg

車舎(くるまやどり)には、酒樽がいっぱい!
c0145299_112124.jpg

鹿も寒そうです~
c0145299_125867.jpg

c0145299_132033.jpg

c0145299_133411.jpg


伏鹿手水所(ふせしかのてみずしょ)
c0145299_143493.jpg

ここで手と口を清め、祓戸神社に参拝の後、御本殿へと進みます。
c0145299_152973.jpg


まずは、夫婦大國社(めおとだいこくしゃ)へ。
新しく、財運福運のお守りの「福之種子」(ふくのたね)と福飴、福槌と福杓字の根付守りを頂いてきました。
c0145299_163292.jpg

(実はこのお社だけ、ストーブがあります~  しっかり参拝したら、ちょっと温まって行けます!)
c0145299_1112248.jpg


元旦、春日大社ご本殿前で引いた御神籤は24番「大吉」!

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) Y
[PR]
by kanko39 | 2011-01-08 00:29 | パワースポット紀行
雪の大晦日の春日大社
極寒の御蓋山、真っ白に化粧した春日大社にお参りするのは久々。

31日、「大祓詞を唱える会」に参加、引き続いて雪のため著到殿(ちゃくとうでん/重文)行われた「大祓式」(例年は祓戸神社前)、ご本殿での「除夜祭」に参列してきました。

朱塗りに雪が映える? 雪に朱が映える? ぴりっとした空気に冴え冴えとした美しさ。

この廻廊は山の斜面に合わせた緩やかな曲面が描かれており、優しい線の奥には、宮大工さんの非常に高度な技術の粋が集められているそう。
c0145299_092728.jpg


御本殿の直前にある中門・御廊(ちゅうもん・おろう)*重要文化財
c0145299_0145094.jpg

除夜祭では、この御廊に座らせて頂き(昔は興福寺の僧侶が御経をあげる場所)参列。板の間の御廊には壁はなく、風が通るので非常に寒いのですが、大変身が引き締まる思いがします。


この御廊の奥には小さな橋があり、その向こうがご本殿があるのですが、その4つのご本殿も山側(一番東側)の第一殿から順に少しずつ傾斜しています。現代のように山を削って平地にして建てるのではなく、山の傾斜に合わせて建築してあるのは、古代の人たちの自然に即した生き方、考え方をしていたことが伺えます。

だだ~~と平らに整地して、柱も同寸法で切っていったほうが、どれほど効率よく、簡単なことか。
そういうことをしてこなかったところに、日本の良さがあったのでしょうね。

今は、効率・能率・合理性を求めることが、是とされていますが、ほんとにそれが良いのでしょうか・・・?なんて、ゆったりとした空気が流れる神域いると、考えさせられます。


林檎の庭にある樹齢約800年~1000年の大杉。
700年昔の『春日権現験記』には幼木の姿で描かれているそう。(まだ権現記は見たことないのですが)
いつもこの木の傍を通るとき、ちょっとタッチして(握手して)くるのです~
c0145299_034474.jpg


元旦の準備に追われる巫女さんたち
c0145299_0341623.jpg


大祓詞を唱える会で、人形(ひとがた)にツミ・ケガレをうつして、この橋の下を流れる水谷川に流してきました。
その傍にある茶店の屋根も、雪化粧。
c0145299_0384299.jpg


ご本殿を後にするころには、すっかり元旦の準備が整い、さすがに寒い大晦日は参拝の人も少なく、境内は静まりかえっていました。
c0145299_0425527.jpg

c0145299_0431071.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目)  Y
[PR]
by kanko39 | 2011-01-07 23:43 | パワースポット紀行
春日大社へお正月の御供花
春日大社の摂社、大國社さんへの御供花
これよりひと回り大きなお花もう2つもあるのですが、白の大輪菊のフル・ブルームを5輪入った花、
写真を撮るのを忘れてきてしまいました。(感謝共生の館他)

お正月初詣で道なりにご本殿に入って参拝すると、大國社へは行けませんので
お参りされる方は、参道を右に分かれている道へと進みます。

お供えしたお花
c0145299_10492291.jpg

c0145299_10505546.jpg

ここ夫婦大國社は、古く平安時代に出雲大社のご神霊をお迎えして2体のご神像を彫刻したことに始まります。大国主命(おおくにぬしのみこと)と須勢理姫命(すせりひめのみこと)の夫婦神がご祭神。

縁結びや夫婦円満のご利益がありとされていますが、
大国さまは国造りの神、農業神、商業神、医療神などとして信仰されてきている神様。

いい人との出会い、生徒さんとの出会い、いい花々との出会い、仕事の発展、家族円満を
感謝してきました。


「福の神12社めぐり」は夫婦大國社で受付されています。
http://www.kasugataisha.or.jp/guidance/fukunokami.html

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2011-01-06 11:08 | パワースポット紀行
おん祭直前講座「神様のお通りになる道」講話へ(春日若宮)
857年間、一度も滞ることなく催行されつづけてきたおん祭り。
日本の文化の源流が、集約されている祭り。今井禰宜が講話してくださるというので、12日午後から、講座に参加して参りました。

お話は、 I 祭礼の本義(マツル)    ということから、 
      Ⅱ 社(やしろ)について  
      Ⅲ 神奈備と祭り 
      Ⅳ祭礼の由来
      Ⅴ 清浄を期する(精進潔斎)
      Ⅵ 聖なる時間・祭りの時     
      Ⅶ 春日若宮おん祭 若宮さまの1日
      Ⅷ 遷幸の儀          をビデオの映像を交えながら、
短い時間でしたが、いろいろと普段聞くことができない詳しいお話を拝聴できました。


昨年は仕事でおん祭りには行けなかったのですが、今年は17日深夜の遷幸の儀・暁祭も参列しに行こうと思っています。

2008年は遷幸の儀の後、お旅所祭を少しだけ見て・・・と思ってみていたら、結局最後まで(若宮様は17日の24時までにご本殿に戻られないといけない)見ており、とても寒かった記憶が・・・
c0145299_19421226.jpg
(2008年の写真) これのある場所に行けると、ほんとにありがたいのですが・・・ 

857年と、たやすく口にはするものの、考えるとすごい年月の積み重ねです。
世界中、どこの地域にもこれほど同じ行事が続けてこられた事柄はないでしょう。

応仁の乱の間も、戦国時代にも、先の第2次世界大戦の間にも、もちろん規模の差はあったでしょうが、継続・継承されつづけてきた先人の方々の努力はいかばかりか。 感謝の念が沸いてきます。


若宮さま(天押雲根命:アメノオシクモネノミコト)は、1年に1度、12月17日午前0時にご本殿を出発されて、「お旅所」へ24時間だけ、お旅されるのです。

そのお旅所にはもう仮御殿が準備されていました。
c0145299_18412915.jpg
屋根は赤松の枝で葺かれ、御殿周りを囲う木は「ナギ」にだそうです。
仮御殿の側面の土塀に、小さい白い三角が模様のように貼り付けられているのが見えることと思います。
これ、この土塀全体にあるのです。(後ろも、反対側の側面にも)
蛇のウロコをあらわしているという一説もあるそうです。 不思議な模様です。


芝舞台周りで焚かれる篝火の場所
c0145299_18474072.jpg


おん祭りが無事に行われたお祝いの行事の後宴能・相撲の場所、もう準備されていました。
c0145299_18505796.jpg


ここからは、私のカメラの腕が未熟ですので暗くて非常に映りがよくないですが、2008年に行った時のおん祭りの様子です。
c0145299_1951593.jpg

c0145299_1963571.jpg

次の出番を前に、緊張しながら待つお稚児さん
c0145299_196987.jpg

c0145299_1965973.jpg

雨が降り出して、傘を差しかけられての舞い
c0145299_197581.jpg

細男(せいのう)  単調な鼓の音に往来されるだけの、ほんとうにシンプルな舞いです。
鎮魂の舞いであるとか。
c0145299_1995368.jpg

神様への奉納なので雨でも続けられます。建物内に移っての奉納・・・ 
ちらっと垣間見ることができました。
c0145299_19153960.jpg

闇夜にうっすらと、雅楽のお席
c0145299_19185760.jpg


幸いにも雨が止んで、舞楽は芝舞台に戻っての演舞
とても迫力があり、かっこいいです~  
西アジアから東アジアへと伝わってきたアジアの国々の舞い、元の国ではすっかり無くなってしまった姿が東の果ての日本で連綿と受け継がれ残されていることに、感動します。
ラッキーなことに、この時は芝台のすぐそば、かぶりつきで見ておりました!
c0145299_19244890.jpg

c0145299_19254429.jpg

c0145299_1926519.jpg

c0145299_19262317.jpg

c0145299_19265756.jpg

c0145299_19271573.jpg

c0145299_19273047.jpg

c0145299_19274455.jpg

前は大阪に一度帰っていたので、お渡り式や松の下式はまだ見ていないのです。

第875回おん祭は12月15日(水)から18日(土)まで開かれます。
まだご覧になったことがない方は、是非、一度は見られるといいです。素晴らしいお祭りです。
遷幸の儀は17日深夜、お渡り式は正午から、お旅所祭りは二時半ごろから。
春日若宮おん祭保存会に入会すると、お旅所中で見ることが出来ます。

(カイロをいっぱい持って、完全防備して見に行ってくださいね。ほんとに夜は冷えますから。そしてこの日飲む水分は控えめに・・・というのも、ご不浄の場所があまりないですので。)

12月12日の夕刻、お旅所の上空。飛行機雲が、す~~~と、伸びて行きました。
c0145299_1939695.jpg

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-12-12 19:40 | パワースポット紀行
明るい門出
「祈願トンネル」をくぐりぬけ、橋を渡って禊ぎ。一童社に参拝。
c0145299_17534083.jpg

そして帰りは、「明るい門出」を通って行きます。
c0145299_17575250.jpg

みくじを結ぶのも、縁起を担いで”合格”
c0145299_17585517.jpg


こちらには、天鈿女命(あめのうずめのみこと)と、学問の神の菅原神が合祀されています。
天鈿女命は、日本神話の岩戸隠れの伝説で、岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑って踊った女神さま。そこから芸能・技芸の神と云われているようです。

学問も、技芸も上達したいので、しっかり参拝してきました。

日本の昔話・神話としてしか、桃太郎伝説も岩戸隠れの伝説も知りませんが・・・・
大和朝廷が日本を制圧?平定?していく頃の出来事。
イソップ童話と同様、”ほんとは怖いお話し”が見え隠れするようです。


出雲井 晶著 『教科書が教えない 日本の神話』 産経新聞社
読まれたい方がありましたら、教室に置いておきます。

 (岡山・吉備津神社 つづき)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by kanko39 | 2010-11-16 17:46 | パワースポット紀行
吉備津神社(岡山)
桃太郎うどんは、吉備津神社門前にあるお土産&お食事処「桃太郎」で食べたもの。

そう、この吉備津神社は、桃太郎伝説のルーツとも言われている大吉備津彦大神を主祭神としてお祀りしている、吉備の国 (律令体制以前の備前・備中・備後・美作は「吉備」という1つの国で、吉備が4カ国に分かれた際に今日訪れた吉備津神社が備中の「吉備津神社(岡山市吉備津)」となったそう)の一の宮です。

とても急な階段の上に、北随神門(重要文化財)があります。
c0145299_23173383.jpg

c0145299_053429.jpg

c0145299_2319569.jpg
c0145299_23193016.jpg

c0145299_23232676.jpg


境内の入った瞬間の清清しいこと!
c0145299_23245984.jpg

黄色く色づいた、樹齢600年以上という大銀杏が目に飛び込んできました。
c0145299_2321237.jpg


ご本殿・拝殿は、室町時代初期の建築で「吉備津造り」と称せられる唯一の造りで国宝
c0145299_232618.jpg

c0145299_23261270.jpg

c0145299_23263166.jpg


本殿から南の本宮社へは、延長450mもの廻廊(重文)が続いています。
c0145299_23281544.jpg

c0145299_23302356.jpg

山の斜面に沿って、造られている曲線の美しいこと!
c0145299_23311794.jpg

建築の知識はないのですが、相当に高度な技術が要されるものなのだろうということは、想像に難くありません。

廻廊の途中の岩山宮への階段もまた急で・・・長くて・・・ 下から拝遥させていただくに留めました。
c0145299_23444164.jpg

春日宮・大神宮・八幡宮
c0145299_23345531.jpg

紅葉の三色紅葉がとても綺麗でした。
c0145299_23382125.jpg
c0145299_23381126.jpg

c0145299_23424914.jpg

廻廊にあった燈篭には、鹿の浮彫
c0145299_2343322.jpg

[境内地図]
http://kibitujinja.com/img/keidaizu.png

両親のお供で行ってきましたが、母は初めての土地、父は60年以上ぶりに岡山に来たと。
当時は、4時間以上も汽車に揺られながらで、津山から山越えして、岡山に来たとか。
父の20才ほど年長の従兄が、当時流行していた結核を患い、京都から空気のいい岡山に転居して果樹園を開いたけれども、都会人には無理で、3年ほどで京都に戻ったとか。

もし成功されていたら、今頃おいし~~~い最高級の白桃とかを、毎日贅沢にジュースにしたり、食べてたかも!?なんて想像・・・  

ちなみに、今日の私の生ジュースは、朝は柿・みかん・リンゴ・ホウレン草。夜はみかん・りんごです。

古~い話を聞きながらの道中です・・・

(つづく)

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by kanko39 | 2010-11-15 22:50 | パワースポット紀行
  

*ふくふくブログ*2007(C) KANKO all right reserved
by kanko39
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ランキング&リンク集
ご訪問ありがとうございます。 こちらは大阪の上本町駅・谷町九丁目駅近くのKANKOフラワースクールでございます。 お花で人生を楽しくしたいです。

お帰りの際、下のバナーを押していただけると、うれしいです! 他の季節の花のブログに出会えます~
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

クリック応援、感謝♪♪ 人気ブログランキングへ

*旧ブログ'05年3月~'07年10月

ご縁つづきのHP/ブログ
*近藤総合法律事務所
*籾井特許事務所
*CAMEL
*凛匠華
*宝やの宝物。
*ゆるりフラワーデザイン
*お花と共に 

ほんのひと手間の協力
*クリック募金 
ブログパーツ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧