タグ:アート ( 11 ) タグの人気記事
『フィールド・ワークを描く』展を見に行ってきました
京都造形芸大の院生・hanataki (平尾恵美)さんによる展覧会。
初個展の開催、おめでとうございます!
お祝いのお花を抱えて、見いってきました。 

京都市内ナイト・ウォーク(約42.195キロ)のイベントを表現した作品群。
総数150枚を越える作品群です。

会場風景
c0145299_22594359.jpg

c0145299_2363857.jpg

c0145299_2382319.jpg


彼女とは京都造形大の芸術学部で一緒だったのですが、その頃から、走り続けている人。仕事に母業に(ご主人は父子家庭だと言ってらっしゃるけれど)、学業にと、いつもフル回転。この日もいい刺激を頂きました!

『フィールド・ワークを描く』展
会期:2010年12月10日(金)~12月13日(月)
場所:長岡京市中央生涯学習センター市民ギャラリー2

ツイてることに、会場はクリスマスイルミネーション点燈式の特等席でした。
c0145299_23165637.jpg

とてもいいものを見れた日。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) Y
[PR]
by kanko39 | 2010-12-10 22:51 | 興味津々 展覧会・イベント
からほりまちアートに行ってきました。
10月30日~31日に開かれていた、大阪市中央区にある空堀界隈でのまちなかアート。
小さな規模ながらも楽しい雰囲気が漂う、お祭りでした。

せっかくなので、着物を着てでかけてきました。
ちょっとレトロな着物姿が似合う、そんな雰囲気の下町なのです。

まずは、Fさんのご主人が経営されているたこ焼きやさん、「宝や。」へ直行! 
着物でたこ焼きをほおばっておりました~♪ 
c0145299_1146394.jpg

お店の前にあった、見覚えのある、「大きな手」です。温かな手!!

錬の建物内と、横のガレージで開かれていたフリーマーケット
c0145299_11482888.jpg
c0145299_11481394.jpg

目立たぬところに、いろいろ、いろいろありました。
c0145299_11485798.jpg

c0145299_1149283.jpg
c0145299_11491695.jpg
c0145299_11494977.jpg

c0145299_115013.jpg

c0145299_11501235.jpg

c0145299_1151958.jpg

ちょいと不気味です・・・
c0145299_115150100.jpg

露地を入っていったら、こんな空間も。
なごやかな雰囲気で”おっちゃん”らお茶しながら談笑してました。
c0145299_11525010.jpg

これ、水を汲み上げる、ポンプです。
うんと小さい子供の頃、まだ近所に残っているところがあって、これに乗っかって遊んだり、押して水を出したりして遊びました。(一応、それほど古くない都会っ子、のつもりですが)

c0145299_11532076.jpg
c0145299_1153754.jpg

c0145299_1153467.jpg

c0145299_11541635.jpg
c0145299_115442.jpg

空堀商店街の中の鰹節屋さんで見つけた鰹節削り。
鰹節のとてもいい香りが漂っていました。
懐かしい~ 
c0145299_11553941.jpg

そういえば、もう、鰹節専門店て見なくなりましたね・・・・  遠~い記憶の風景です。
きっと、鰹節はパックに入って売っているもの、と思っている人が多いことでしょう。

ちょっとわかりにくいですが、写真の一番奥には、秤があります。
昔、家にもあって、ここに分銅(おもり)を乗っけて遊んだことを思い出す~と、一緒に廻っていたFさんと話しておりました。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

[PR]
by kanko39 | 2010-10-31 23:03 | 興味津々 展覧会・イベント
会期前に行った、信楽まちなか芸術祭
9月25日(土)、まだ準備の真っ只中におじゃました信楽まちなか芸術祭

手伝いに~といいつつ、直前にぎっくり腰をしてしまっていたので、ゆるゆるの作業。
c0145299_1420427.jpg

できあたっげ、設置するために運ばれていく、「無人さん」
この中で売られているのは、「蛸壺」です。

私が京都造形大に行ってた折、この「蛸壺」た登場する松井先生の授業は、一度も受けなかったのが、今思うと、ちょっと残念・・・ 
c0145299_14271295.jpg


まだ作りかけだったた「版築」(バンチク)
世界中で古くから受け継がれてきた「版築」(バンチク)という伝統技法の専門家と町の人々が一緒になって土の家を信楽に建て、出来上がった版築でお茶を飲んだり、休憩したり、作品を展示したり、使い方は自由・・・という代物です。
c0145299_14332643.jpg

c0145299_14331897.jpg

この作業を1日中手伝ったという遊びに行った友人は、筋肉痛で、くたくたになったと。でも、話をちらほら聞いていると、すっごく楽しそうでした~
c0145299_14351696.jpg


町中のそこらじゅうにいる狸
c0145299_1436143.jpg

c0145299_14355346.jpg


高級猫も狸に見まがいそう・・・・ (私の単なる手ぶれの偶然の産物)
c0145299_1436418.jpg


ペンギンもいます~ 
c0145299_14373629.jpg

c0145299_14372769.jpg


登り窯
c0145299_1438404.jpg

c0145299_14391749.jpg


急ぎ駆け足で廻ったので、この日の写真はピンボケだらけ・・・
c0145299_1440613.jpg

c0145299_14395461.jpg

c0145299_14394425.jpg


ここの写真に写っているのは、ほんの一部の地区の一部の場所だけです。
会期終了まであと35日。
隙間をみて、また訪れたいと思います。


="line-height: 1.2;">『信楽まちなか芸術祭』

会期
2010年10月1日(金)〜11月23日(火・祝)

会場
まちなか会場 陶芸の森会場 朝宮会場 紫香楽宮会場 MIHO MUSEUM会場

主催
信楽陶芸トリエンナーレ実行委員会

後援
近畿経済産業局、近畿運輸局、滋賀県、(社)びわこビジターズビューロー、 読売新聞社、毎日新聞社、朝日新聞社、京都新聞社、産経新聞社、中日新聞社、 共同通信社、NHK大津放送局、BBCびわこ放送、毎日放送、朝日放送、関西テレビ、 読売テレビ、 KBS京都、FM滋賀、FM京都、FM大阪、FM三重、FM愛知、 FM802、 FM Cocolo、平城遷都1300年記念事業協会、NEXCO西日本

交通アクセス===> http://tri.shigaraki-sp.com/access/

c0145299_1447264.jpg


食べ歩いてみたくなる、たぬき丼マップ
http://clayworld.akazunoma.com/index/tanukidonmap.pdf

Twitter たぬきどんのつぶやき
http://twitter.com/tanukidon_shiga

[PR]
by kanko39 | 2010-10-19 15:06 | ふら~り、行って来ました
つづき 生存のエシックス展・京都国立近代美術館
c0145299_2310549.jpg

岩城見一
「生存のエシックス」のために —「表現論理」の意味を考える—


はじめに

この小論は京都市立芸術大学創立130周年を記念して、京都国立近代美術館で開催される展覧会、「生存のエシックス」のために書かれる。
この展覧会は、これからアートはどのようなものになりうるかということを、諸々の視点から議論する催しになる。だから作品展示以上に美術館を訪れる人をも含む参加者全員の議論が欠かせないものになる。美術館はそのような議論が活発に展開されるための場となる。だがこれは決して特殊なことでも、来館者を無視した一美術館の独りよがりの身振りやパフォーマンスでもない。「芸術作品」自体、表現を通して私たちの生き方、認識の仕方に関わるもの、まさに「生存のエシックス」、広義の「生きる作法」を提案してきたし、これからも提案するものだからだ。「作品」は単なる「もの」ではない。それは人々の話題の場となるもの、その意味での「事柄自体(Sache selbst)」(ヘーゲル)である。作品は「問題提起」なのであり、だから議論が必要なのだ。
本展覧会の副題は、“Trouble in Paradise”となっている。パラダイスにはトラブルがつきものなのか、そこにはトラブルが隠されているのか、いやパラダイスこそトラブルなのか、パラダイスゆえのトラブルなのか、トラブルこそパラダイスなのか、色んな見方が出てくるだろう。だが少なくとも求められているのは、「トラブルのないパラダイス」ではないだろう。
私は「楽天家」だ。だからトラブルにパラダイスを見出すだろう。また「生存のエシックス」で求められているのも「狭義の倫理」ではなく、私たちの生きる作法といった広義の「エシックス」の提案だろう。それには「表現」が大きく関わっているのではないか、この視点から「行動障害」、「脳梗塞」、「アルツハイマーによる認知症」に関する研究報告を参照し、「表現」を「生存のエシックス」の議論に組み込むこと、これが小論での私の試みになる。


1. 行動障害
まず「行動障害」に関する研究書[片岡 2010]から。
本書は四章から成る。「行動障害」を伴う三人が、両親、保育士をはじめとする支援者との関わりの中で、「自己」と、「自己」を可能にする場を作り出してゆく過程を記述した三つの章、そしてこれらの事例に基づいて「自己」の可能性を支える場を「領分」として捉えるべきことが提唱される最終章の四章だ。
第1章「街でみかける〈彼ら〉」では、著者が「心身障害児通園センター」勤務時に出会った一人の男性(「ユキさん」1969生)の行動が報告される。かれは必ずプラットホームの停止線の前に立って電車を待ち、「ハンナナ」と叫びながら乗車し、その声によって空いた扉の前に立ち、次いで二駅前にトイレに入り、三駅目で下車してゆく[pp. 6–7]。
この章のタイトルが「街で見かける〈彼ら〉」とあるのは、標準的(normal)な行動者から見れば異常に見える行動を繰り返す人々が時折見かけられるからだ。
このような行動への人々の反応は様々だが(著者は大学でアンケートもとっている[pp. 10–12])、心理学を専攻し、障害者に関わっている著者は「ユキさん」の行動をより詳しく調べることになる。その結果わかったのは、「ユキさん」は「自閉症」者であり、昭和56年開設の「障害者授産施設」に通い、シール貼りや電動螺子回しによる電気部品組み立ての作業をしており、その仕事は非常に精確だということ[p. 18]、多少「自傷行為」があり、「こだわり」も過度に強いため日常生活には支障が生じうるが、施設は「かれのプライドのもてる居場所」、「するべきことがある場所」になっているということだ[pp. 18–19]。
家庭生活も報告されている。「ユキさん」は土日に行なわれる「知的障害者のためのデイサービス」に通い、そこで提供される催しに参加し、また昼食もスーパーで自ら選んで購入し、しかも出納簿をつけている[p. 19]。また土日には地域の青年学級にも行き、バス旅行に参加し、さらには自らが通う施設において平均月一回開催されるイベントやOB会にも出ており、これらのスケジュールは記憶し自分で組むことができる[pp. 20–21]。「自閉症」者にはカレンダーに興味をもつ人が多いことも指摘されている[p. 21]。
なお「ユキさん」の言語能力に関しては、「単語程度の会話」しかできないが、読み書きは「それ以上」だという[p. 12]。
「行動障害」の一般的な理解に関しても触れられている。「強度行動障害」は1990年代以後「行政用語」として一般化し、「判定基準表」も出ている。そこに示された行動特徴を列挙すれば、「過度の自傷」、「過度の他傷」、「激しいこだわり」、「破壊行動」、「睡眠の障害」、「食事関係の強い障害」、「排泄関係の激しい障害」、「著しい多動」、「著しい騒がしさ」、「処遇しがたい結果をもたらすパニック」、「恐怖を与える粗暴」である[pp. 27–28、一部筆者の書き換えを含む]。「行動障害児研究会」の調査報告によれば、「強度行動障害」は施設、擁護学校在籍者の20~10分の1であり、2005年度では、54万7千人中の2万7千人になるという[p. 29]。
以上のような事例調査と「行動障害」に関する一般的規定を踏まえて著者は本章をまとめている。
「行動障害」は「自閉症」と「知的障害」とがその根底にあり、「他人からの情報受信が苦手」なことと、「環境からの情報受信に偏り」があることによって生じる。このため自分を取り巻く世界は「意味なくうごめき予期できない世界」になる。世界はストレスを与える怖いものになるので、「通常とは異なる適応行動」を取らざるをえなくなる[pp. 29–30]。
ワロンの「情報と知覚活動との拮抗関係」という考え方も参照されている。過度の情報には過度の行動反応が起こるという考え方だ[p. 30]。また「行動障害」は「条件付けのメカニズム」を利用することで除去されるという見解もあるが、この見解の問題点も指摘される。「報酬」によって「標準的」な行動に導く「条件付け」においても、人によっては相手の注目(「報酬」)を得るために一層危険で過激な行動に出ることもあるからだ[p. 31]。
このような困難な状況の中で、「ユキさん」の例は「行動障害」の緩和を考える上で一つの可能性を示唆するものだったわけである。この章にはすでに著者の基本的な立場も示されている。先に見た、「かれのプライドのもてる居場所」、「するべきことがある場所」を共に努力して築いていくことが、「行動障害」を伴う人と関わるときの大切な課題になるわけだ。この関わり方は特殊な「病」を患う者、すなわち「患者」への関わり方ではない。実際著者は「患者」という語や「病」という語を自覚的に避け、また「健常者」という語も用いず、献本に添えた挨拶状では「定型発達者」という語を用いている。
第2章「点字ブロックが怖い」では、「揺れる草」や「点字ブロック」を怖がり、このため外出を拒み、外出しても目を閉じ介助者の腕にしがみついて動けない「ナオさん」の変化が辿られる。かれは家庭でも横になって眠れず、トイレの便座で坐ったまま眠る状態だった。だが、6年後には軽い作業をこなし、土曜日には映画館で映画を楽しみ、帰りには喫茶店や回転すし屋で食事ができるようになり、夜は布団で眠るようになった[p. 36]。この変化のプロセスが辿られる。
生後半年になった頃、かれはミルクの温度に過度に敏感で、しかも哺乳器を自分で持つことにこだわり、抱っこを拒んだ。1歳を過ぎても言葉が出ないため大学病院で診断を受けた結果、「自閉症」という診断が下された。2歳の頃である[p. 50]。
保育園には午前は母親が同伴し、母親が他の子と交わることで、それを介して他の子どもたちとの環境に徐々に慣れることができた[p. 54]。
恐らくどの親も同じであろうが、そして私自身そのような事例を何度か見てきたが、「自閉症」や「知的障害」といった診断を下された子どもの場合でも、親は他の多くの子どもたちの通う普通の学校や塾にわが子を入れ、かれらと同じように育てたいと願う。
「ナオさん」の両親も同じである。だが小学校はそれを拒否した。このため「ナオさん」は「養護学校」に行くことになるが欠席が増え、親の家庭での努力にもかかわらず状態は悪化し、高学年になると「点字ブロック」や「揺れる草」を怖がり、人にしがみつくなどの激しい行動が目立つようになった[p. 57]。著者はその原因を安易に推測することを避けているが、敢えて推定すれば、養護学校が自分の安心できる場でなくなった「ナオさん」には、家の外は異質な世界として現われるようになり、このため「点字ブロック」や「揺れる草」は、自分に襲い掛かってくる外部世界の象徴となったのではないか。
「中学校」時代の「ナオさん」の行動は一層悪化した。母親がしつけを強化したことにより家で食事をとり、横になって寝ることができなくなり、母親への粗暴な行為が繰り返され、この頃プラスチックへの嫌悪も顕著になった[p. 59]。
「高校時代」になると、担任と親とのコミュニケーションも円滑になり、椎茸のホダ木を運ぶ作業を通して人にしがみつく癖は是正されてゆく。担任は「理解力が高い」ことも感じ取っていた[p. 60]。
デイサービス施設の時期になると、すでに見たような行動の変化が徐々に現われてくる。施設ではスケジュールカードの利用、リクライニングチェアの利用等の工夫によって、時間をかけて行動の変化を促してゆく試みが行なわれたからだ。著者が映画館までの行動を共にしたときの模様も報告されている[p. 62以下]。
ただしデイサービス施設におけるこの劇的とも言える変化の背後には、施設の職員のきわめて慎重で忍耐力を伴う支援があった。この施設が開所した時期(平成11年)には、「ナオさん」は迎えの車を見ると眼を閉ざし嘔吐し、施設に着いても車から降りようとしない状態だった。しかし職員は無理強いせず、車の中に共にとどまりお茶と菓子で付き合い、次いで施設近くにテーブルを置き、「ナオさん」が車から出てそこを自分の居場所にするように導いた。居場所が施設内に移ってゆくように時間をかけ工夫を凝らしながら「ナオさん」との信頼関係を育てたのだ。やがて施設内の廊下の薄暗い場所が安心できる「居場所」になり、そこを基点にして、他人のいる「食堂」にも出向いて食事をとり簡単な作業をすることができるようになったというのだ[p. 39以下]。
著者はここでも「居場所」の大切さに触れ、それに基づくことで「自分で自分をコントロールできる」ようになることを指摘している。
第3章「びっくり箱」では、これまで見た二人よりも著者が一層親密に関わった子ども(「リク君」)の事例が報告される。
著者は2歳3ヶ月を過ぎた頃の「リク君」に保育所で出会い、「視線が合わず」、他の子どもたちと遊ばないこの子が気になり、それ以後関わるようになった。「7月」のことである[pp. 77–78]。その後著者は保育所を訪問し、カンファレンスで相談にも乗り、また実際にこの子と交わる中で、行動の変化を実見することになる。
「リク君」の生後の変化も記されている。1歳過ぎには「パパ」、「マンマ」、「ワンワン」等が話せたこの子は、やがて忘れ、言葉が話せなくなった。「折れ線型」と呼ばれる現象だ[p. 83]。
最初の出会いの後の保育士の報告を聞いた著者の助言により、9月に親が病院を訪ねたところ「自閉症」の診断が出された。次に11月に訪問したときも様子の変化はなく、著者は「行動障害的様相」を予感し「人とのかかわりを築いていくための具体的方策」を提案する。それは「リク君」と保育士とが「二人だけで過ごせる部屋」の提案だ[p. 80]。著者は同時に解決の「糸口」も探っている。著者自身が「リク君」に何度も行なった「抱っこー、ぐるぐる」によって子どもは著者を、そしてそれに続いて試みた保育士の顔を見るようになったという[p. 81]。「リク君」が他者を認知し交わる糸口が見出されたわけだ。
その後保育士の努力により、「イナイイナイバー」や「カクレンボ」をし、人の顔を見、また人を捜すようになる。翌年4月からは担当保育士も変わり、また療養教室担当保育士も加わって「お絵かき」や「ままごと遊び」、「びっくり箱」作りができるようになり、他者とのコミュニケーションが円滑になっていき、家族関係も変化した[p. 85以下]。こうして「作る喜び」を知り、「自分と人と対象」とからなる「三項関係」が成立した[p. 92]。家庭での兄姉との交わりの中で、単語ばかりだとしても「言葉」を話せるようにもなったという[p. 94]。
「…周囲の人や子どもと関係をとりもって、その意図に合わせながら遊ぶことが(「自閉症」の子どもにとって)どれほど奇跡的なことであるか…。これが人としての振る舞いや文化、ことばを継承していくことの基礎になる学習を可能にしている」[p. 95、括弧内評者]。
本書では、「自閉症」、「知的障害」に起因すると思える「行動障害」をもつ三人が、親や施設の職員、保育士、担当員、作業所の職員、さらにはこのような障害に関わる研究者(本書の著者)との親密な交わりの中で安定した自己の足場を築き、他者とのコミュニケーションの可能性を見出し、それによって自己の行動を「コントロール」できるようになるプロセスが、著者の実践的な関わりに基づく観察を通して明らかにされている。自己は単独で成り立つのではなく、このような他者との関わりの中で形成されてゆくということ、これが実践的交わりを通して得た著者の基本的理解であり、結論部となる第四章では、このような理解に基づいて「領分」という用語が提示される。
第4章「領分を築く」では、この「領分」という用語を採用する正当性を示すために、従来の理解に検討が加えられる。
著者はまず、1990年以後普及し、以後様々な集まりで議論されてきた「強度行動障害」に関し、今それへの取り組み方を考える時期に来ていると指摘する[pp. 100–102]。
著者は従来のアプローチを「行動的アプローチ」と「関係開発的アプローチ」の二つに分ける。「行動的アプローチ」は「空間構造化」と「時間構造化」との両面における行動障害者の「環境構成」を目指す。例えば「ナオさん」がデイサービス施設の職員の「ていねい」な関わりにより、車から次第に施設の一定の場所へと自分の場を移し、施設内に自分の居場所を築いたことや[p. 39以下]、筆者が保育所で「リク君と保育士とが二人だけで過ごせる部屋」を提案し成功したのは「空間構造化」の例と言えよう[p. 80以下]。また「ユキさん」にスケジュール表を与え、やがてかれが頭の中に「カレンダー」を作りそれに従って行動できるようになり、また毎年年賀状を決まった日に購入し作成し、投函するようになったのは「時間構造化」の好例であろう[pp. 20–21]。周囲の協力によってこのような「構造化」ができたことで、かれらは自らの行動を秩序づけ、自分の為すべきこと、希望することを実現できるようになったと言える。それまでの混沌とした不安定な世界が明瞭で安定した世界に変わり、それにつれて自己の行動の意味も明確になったのだ。
これに対して、「関係開発的アプローチ」は、支援者との「信頼関係」に基づく「他者理解の促進」を目指し、そのための「個別的関係」を重視する[p. 107以下]。
著者によれば一方は「目に見える行動の変化」に注目し、他方は「その背後に仮定される発達していく内的心理構造」を重視する。このためこの二つのアプローチは時として対立し、互いに批判しあうことがあるが、両者は「両立」しうるし、また両立すべきものである[p. 114]。この指摘は正当だ。実際本書で報告されている三事例では、両方のアプローチが導入されることで好結果が得られているからだ。明確な構造化への導きと、それを実現するための「ていねいな」接し方、これはあらゆる人間関係にとってもいずれも欠かせないことだろう。
さらに「領分」という捉え方を提起するにあたり、著者は「自己実現」と「居場所」、さらには「自己決定」という考え方を取り上げる。
「自己実現」はアメリカの心理学者マズローが提示し、日本でも一般化した、「自己の潜在的可能性の最大限の発揮」をさせようという考え方だが、著者はそれに「違和感」を覚える[p. 119]。著者によれば、この観念には最初から「明確な自己」が前提されており、それは今日もよく耳にする「自分探し」と「ほぼ同義」である[p. 120]。実際「自己実現」や「自分探し」という言い方はある種の決定論的響きを伴っている。というのも「潜在的可能性」ということ自体、自己の内部に前もって与えられている能力というニュアンスを伴い、個々人を超えた「あるべき普遍的自己」のようなものが前提されてしまっているように思えるからだ。
これに対して「自己は他者との関係のなかで形成されてゆく」存在であり、「自己」とは形成的、過程的なものだということが強調される[p. 120]。要するに「自己」とは閉ざされることのない、他者との関係に開かれた存在、その関係の中で次第にかたちを取ってくる、いわば前もって規定できない存在だというのが著者の主張であろう。「ユキさん」、「ナオさん」はまさにそのような「過程」の中で生きている存在、それゆえ「より根底的な活動に関わっている」存在なのだ[p. 120]。
「自己決定」という最近流行った考え方にも疑問が呈される。そこには決定すべきことを前もって忖度し押し付ける危険、「パターナリズム(父権主義)」が潜んでいるからだ。大切なのは「本人による意思決定を引き出すこと」にあるのだ[p. 122]。
「自己」を他者とのかかわりの中で形成されてゆく存在、いわば前もって規定できない開かれた存在とみなす著者の考え方は正当だ[岩城 2006、第2章「自己の無規定性」、特に第2節も参照]。「自己」についてのこのような理解のゆえに、著者の求める「行動障害」者への「ていねいな」関わり方は、かれらに関わる者にとって最も大切な課題になる。「自己」はそれぞれ異なる過去をもち、それに支えられたり反発したりしながらそれぞれ固有のかたちで変化する存在なので、一般法則を振りかざした教導は、それがいかなる善意や愛からなされるにしても、当の本人にとっては強制になってしまう可能性を免れ得ないのだ。
著者が「居場所」に問題点を見るのは、それがスタティック(静的)な、つまり変化のない安住の場といったものを想起させるからだろう。重要なのはそこにただ戻り、また「たまっている」場ではなく、なすべくことがそこで組み立てられてゆくダイナミックな「拠点」である[p. 121]。これが「領分」と呼ばれる。
「領分」とは、「人と人との間にいろいろの形で存在できる」、「スタティックではなくダイナミックなもの」だ。これが「居場所」と「領分」とが敢えて区別される理由のようだ。「居場所」も実際には単に与えられた「静止的(スタティック)」な場ではなく、その都度の活動を通して手に入れられ、築かれ、そこに生きる者によって作り変えられてゆくものなので、「領分」と同義だとも言える。ただ「領分」という用語が選ばれたことには、「ダイナミック」に形成される場、そこから自己の行動が組み立てられる「拠点」という意味とともに、それが一つの「境界」をもったものだという意味もこの語は示唆すからだろう。
「領分」のもつ「境界」が強調されるのは、「領分」に基づく行動と、「境界」のない「単なる行為」とを分けるためだ。
「向かい合う、あるいは並んで在る他者との関係がなければ、そこには境界が存在し得えず、したがって領分もありえない。それは誰のものでもない単なる行為となる[p. 123、太字評者]」
だから「行動障害」によって生じる「自傷」や「他傷」などの行為は「領分」に基づく行為ではないということになる。それは明瞭な「他者」との関係が欠落していることから生じる行為、「より深い苦しみから逃れるための[p. 123]」行為だというわけである。同様に自動的、強迫的に同じ行動を繰り返さざるをえないような状態、「他者とはまったく無関係に行なわれる行動」も「領分」ではない[p. 123]。「領分」とは他者との交わりの中で形成された私自身の場なので、「領分となる活動は、繰り返し繰り返し営まれ、楽しまれる。領分があるのでかれらの活動は充実している[p. 122]」。「領分を築けたとき、その人は生きていることを実感する[p. 123]」。
「領分」の形成という点に、知的障害や行動障害に関わる「支援」のあり方の「一つの目安」も求められている。
「(支援を受ける)本人が自分はこれだという領分を人との間に築けているかどうか、これが本人中心の支援であるかどうかの一つの目安になる[p. 126、括弧内評者]」。
だから「パターナリズム」的な一方的支援や教導はうまくいかないのだ。そこには「支援者」や「教師」自身の自己変革はないので、「支援」は支援される者にとって「強制」、押し付けになるのだ。長い時間をかけた「ていねい」で「繊細な」関わりの中で、支援される者自らが自己の「領分」を形成していけるように協力を続けること、これが最も困難だが、最も大切なことなのだ。このような努力は、同時に支援者自身の「領分」の形成にもなるわけだ[p. 129]。これはすべての人間関係に言えることだろう。「支援する者」と「支援される者」、「教える者」(教師)と「教えられる者」(生徒)、「育てる者」と「育てられる者」、すべてが相互に形成しあう関係にあるのだ。

つづく・・・

More
[PR]
by kanko39 | 2010-08-20 23:06 | 興味津々 展覧会・イベント
宇宙庭@生存のエシックス展・京都国立近代美術館
なんだか最近、宇宙が気になります・・・・
そしてら、宇宙庭の展示をみることができました。
『宇宙庭 (担当: 松井紫朗、森本幸裕、井上明彦) ※資料展示』
c0145299_22254971.jpg

c0145299_22281275.jpg

c0145299_22263189.jpg

c0145299_22261956.jpg

c0145299_22275117.jpg

c0145299_22272243.jpg

c0145299_2227087.jpg

ウィンナーが繋がった姿を想像したのは、私だけでなないかも!?
c0145299_22331788.jpg

c0145299_22334281.jpg


他の作品
『バイオミュージック/水・森・生命・音——疏水、平安神宮の庭、湖西の森の
フィールドワークに基づくプロジェクト (デヴィッド・ダン)』
木の中に救う、虫の声を聞いたり(それは木を枯らしてしまう害虫)
c0145299_22311487.jpg

c0145299_22413135.jpg


『未来の家政学・Tea House of Robots (ミシガン大学: rootoftwo + PLY Architecture)』
設置されたカメラに笑顔を向けると、最高?の接待をしてくれるマシーンがあったり
c0145299_22324415.jpg

c0145299_223226100.jpg


『関係概念としての知覚的自己定位の研究 (担当: 中原浩大+井上明彦) ※資料展示』
向井さんらが宇宙でつかったというふわふわの抱き人形?やら毛布やらクッションやら・・・さわり心地やよかったです~ 地上環境におけるセキュリティ・ブランケットの機能を有する器具だそう。
c0145299_22353863.jpg


これはテンプル・グランディン(Temple Grandin)考案のハグ・マシン
マシーンが抱きしめてくれるのです。心地よい圧力が人を避けるようになった自閉症の治療へと、促していくよう。この日は、デモは見ることができなかったのですが。
c0145299_22373250.jpg


『Trans-Acting: 二重軸回転ステージ/浮遊散策——宇宙滞在・認知症・庭園・
発達障害の研究に基づくトポロジカルな時空と記憶形成の実験
(担当: 高橋 悟、松井紫朗)』
知覚と視覚の感覚の体験の円盤。ちょっと角度がついた真ん中の廻る円盤に乗り、体感します。
c0145299_22392822.jpg

c0145299_22391532.jpg

c0145299_22411512.jpg


遊びました・・・ 『盲目のクライマー/ライナスの散歩 (担当: 石原友明+中原浩大)』
c0145299_2242165.jpg


美術館の玄関に、ワーク・イン・プログレスとして構築された『アクアカフェ @KCUA Café (担当: 井上明彦)』 ここで、琵琶湖疎水のお水を頂いて来ました。
c0145299_2251231.jpg


詳しくは、こちらを参照ください =>
http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2010/381projects.html#NakahashiInoue

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-08-20 22:23 | 興味津々 展覧会・イベント
中島みゆき『時代』 聞きたくなって、さがしてみました・・・
心に深く深く響く詩。
どんなに悲しいことがあっても、また、歩いていこう、そんな生きる力を沸き起してくれる歌。

私には花があったから、花のお蔭。
花が悲しみを癒してくれ、また歩き出す力を与えてくれる存在でした。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-06-13 01:49 | 日々、笑・喜・幸・感動!
現代アート展「レゾナンス(共鳴)」@サントリーミュージアム・大阪
現代アート展「レゾナンス(共鳴)」

「レゾナンス(共鳴)」をテーマに、人が生きるうえで必然的に抱く思い-「生と死」「喜び」「悲しみ」「愛」「憎しみ」「笑い」など-を様々な手法で浮かび上がらせる多彩な作品を展示

当日券:大人:1000円、高・大学生、シニア(60歳以上):700円、小・中学生:無料
会期:2010年4月3日(土)~6月20日(日)
休館日:毎週月曜日(但し、5月3日は開館)
開館時間:10:30~19:30(最終入場は19:00)
主催:サントリーミュージアム[天保山]、朝日新聞社
助成:(財)安藤忠雄文化財団

出品作家
マルレーネ・デュマス、アンゼルム・キーファー、マーク・ロスコ、ライアン・ガンダー、ヴォルフガング・ライプ、 アンドレアス・スロミンスキー、ジャネット・カーディフ、ラキブ・ショウ、ヴァルダ・カイヴァーノ、ポール・マッカーシー、 法貴信也、イケムラレイコ、伊藤彩、伊東宣明、金氏徹平、草間彌生、小谷元彦、梅田哲也、西尾美也、 小泉明郎
計20名

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-05-25 12:00 | 興味津々 展覧会・イベント
感動の朝!!
素晴らしい~~~~!!  朝からこの映像を見て、感動・・・・
 http://bit.ly/9wSGby


-------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
-----------------------------------

KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) Y


[PR]
by kanko39 | 2010-05-25 10:25 | 日々、笑・喜・幸・感動!
ロータスと桜と巨大ケーキ@東京紀行 その4
ライトアップされた桜
池の真ん中に輝いているのは、ロータスのアート作品
c0145299_23512012.jpg


ロータスが開いたり、閉じたり。
c0145299_2353886.jpg
c0145299_23534796.jpg


ちょうどそれを眺める位置に、赤いソファーがずら~~りと。
そこに腰掛けてもいいのです。 これも、作品です。
c0145299_23552538.jpg


椅子の下の映像の猫ちゃん、自転車の前籠の映像の猫ちゃん・・・・ これらも、作品。
c0145299_23563996.jpg

c0145299_23565594.jpg
c0145299_23573576.jpg


実は、よ~~く見ると、私も映っているのですが。米粒ほどに。
c0145299_2358395.jpg


東京ミッドタウンでみつけたケーキ。
c0145299_23594040.jpg

c0145299_0235.jpg

遊び心があって、とても楽しいところ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-04-14 00:03 | 興味津々 展覧会・イベント
オーロラに入ってきました! 横浜・東京紀行 その3 
森ビルに展開されてた他のアート作品

オーロラの中に入ってきました~~~
c0145299_1382082.jpg

c0145299_1391336.jpg

c0145299_139306.jpg
c0145299_139518.jpg
c0145299_1401231.jpg
c0145299_1403622.jpg
c0145299_1405598.jpg
c0145299_1411537.jpg
c0145299_1413187.jpg

って、実はこれは薄~い布が上から吊り下げられているだけ。
でも、気分はオーロラの中。

みんな、写メを撮影。その姿が透けて見えるのが、なんとも日本的!!

星いっぱいの夜のよう。
c0145299_142270.jpg


------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ← いつもクリックをありがとうございます☆。゚o。 笑う門に福来たる♪
------------------------------------------------------------------------------------------------------------


KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2010-04-11 01:43 | ふら~り、行って来ました
  

*ふくふくブログ*2007(C) KANKO all right reserved
by kanko39
プロフィールを見る
画像一覧
ランキング&リンク集
ご訪問ありがとうございます。 こちらは大阪の上本町駅・谷町九丁目駅近くのKANKOフラワースクールでございます。 お花で人生を楽しくしたいです。

お帰りの際、下のバナーを押していただけると、うれしいです! 他の季節の花のブログに出会えます~
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

クリック応援、感謝♪♪ 人気ブログランキングへ

*旧ブログ'05年3月~'07年10月

ご縁つづきのHP/ブログ
*近藤総合法律事務所
*籾井特許事務所
*CAMEL
*凛匠華
*宝やの宝物。
*ゆるりフラワーデザイン
*お花と共に 

ほんのひと手間の協力
*クリック募金 
ブログパーツ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧