カテゴリ:花のイコノグラフィー( 3 )
クジャク (peacock :ピーコック)
------------------------------------------------------------------------------------------------------------
人気ブログランキングへ ←クリックするとランキング応援1票! いつもありがとうございます☆。゚o。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------

先の花の写真に使われていましたクジャクの羽

以前のブログにクジャク (peacock)を 紹介したことがあるのですが、再掲しますね。
(そういえば・・・千里中央駅に、大丸ピーコックありましたが、まだあるのかしら?長らく千里中央駅には行ってないもので)

日本では、真言密教に孔雀明王の信仰があり、孔雀の背に乗る仏様(快慶作)の仏像が高野山にあります。 http://www.reihokan.or.jp/syuzohin/cyokoku.html

キリスト教では、孔雀(peacock)の肉は腐らないとする古来の考えにならって、孔雀を不死とキリストの復活の象徴とみなされたりしています。

ギリシャ神話では、孔雀はオリュンポスの最高位の女神ユノ(=ヘラ)の持ち物。バロック期の画家ルーベンスが描いtた「パリスの審判」という3人の女神(ユノ、ビーナス、ミネルヴァ)の美を審判するという場面で、孔雀を従えている女神が ユノです。ユピテル(ゼウス)の姉妹で正妻。女性の守り神、ことに結婚と出産を司る神として崇拝されている女神さまです。

c0145299_1923597.jpgクジャクは神につながる神聖な生き物、象徴として、古来から見られているようですね。
いつも羽を広げてくれるとは限らないのですが、私も子供の頃、動物園へ行くたびに、クジャクが羽を広げる様を必ず見に行ってました・・・

私が今使っているクリアーファイルは、伊藤若冲の「老松白鳳図」(「動植綵絵より」)が描かれたもの。白い羽の先が、赤のハートのように図案化されていて、とても江戸時代とは思えない優美・モダンな孔雀画です。かなりのお気に入り・・・

p.s.
そうえいば・・・ 今日で心斎橋そごうも閉店ですね。
c0145299_1925683.jpg

KANKOフラワーデザインスクール(大阪・上本町・谷町9丁目) 取材班 Y
[PR]
by kanko39 | 2009-08-31 19:14 | 花のイコノグラフィー
ヴィーナスがやってきた@東京・国立西洋美術館
ウルビーノのヴィーナス

ウフィツィ美術館の至宝
「ウルビーノのヴィーナス  ~古代からルネサンス美の女神の系譜~」

なんといっても、一番の注目は日本初上陸のティツィアーノ(伊)の《ウルビーノのヴィーナス》
これ以降の西洋美術史上、横たわる裸婦像の模範と成されてきた絵画です。
これ以前にティツィアーノは、ジョルジョーネが未完のまま残した《眠るヴィーナス》(ドレスデン国立絵画館蔵)を仕上げているのと同様の構図である。

バックに描かれているのは自然風景ではなく室内、そしてまっすぐ見据える目線。

これともう1点並べてみたいのが、マネの《オランビア》
こちらも、《ウルビーノのヴィーナス》と同じく室内、そしてもっと強くまっすぐ見据えたようにみえる目線。

同じ構図であるのに、一方は大巨匠として長年模範とされ続けた絵画となり、もう一方は発表されるやスキャンダル的絵画として非難の的となる。

一つには、主題の違い、
ティツィアーノの描いた横たわる裸婦は、ヴィーナスであるからです。
ヴィーナスは、古代ローマの女神。キリスト教にとっては異教の神。
キリスト教下では、厳格な道徳観に支配され(表面上は)、世俗の女性の裸婦を描くことはタブーなことなのです。 

なぜに、ヴィーナスになるのか?
その答えは、画中に描かれている”バラ””と窓辺に飾られている”ミルト鉢植え!
これらから、ヴィーナスであると解釈されます。彼女の持ち物とされているからです。

神話やキリスト教の知識がない日本人とっては、同じではないかと思ってしまいますが、西洋では一目瞭然のこと、周知のことなのです。


でも、
美しい完璧なティツィアーノの《ウルビーノのヴィーナス》、是非じかに見てみたいものです。


ウフィツィ美術館の至宝
「ウルビーノのヴィーナス  ~古代からルネサンス美の女神の系譜~」

日時: 2008年3月4日(火)〜5月18日(日)
      休館日:月曜日(ただし4月28日、5月5日は開館、5月7日(水)は休館)
場所:国立西洋美術館   JR上野駅下車、公園口から徒歩約1分
    〒110-0007 東京都台東区上野公園7ー7 
    ハローダイヤル 03−5777−8600

c0145299_23393080.jpg

[PR]
by kanko39 | 2008-03-01 23:34 | 花のイコノグラフィー
花のイコノグラフィー
以前のブログで、少し書き始めた花のイコノグラフィー
また少しずつ書いていこうと思います。
  以前の分は、こちらをご覧ください~♪  ===>http://blog.livedoor.jp/kanko3939/archives/cat_50011106.html
------------------------------------------------------------

絵画の見る時、花はいろんな物語を持って、多くのことを語ってくれているって、美術を勉強されたり深く興味を持たれている方は、良くご存知のこと。
イコノグラフィー(図像学)、イコノロジー(図像解釈学)というのが、美術作品の研究する方法としてあるのです。

でも、花を生けることからはじめた方は知らないことも多いので、せっかく花に触れることが多いし、より楽しみが広がりますように、ちょっと私も勉強がてらに、知っている花&知らない花もありますので、調べながらまた教えていただきながら、季節の花や惹かれた花について書いてみることにします。

このブログをお読みの方で、参考文献やこんな絵画もあるよ、なんていうのがありましたら、ぜひ、コメントいただければうれしいです。

花を触れることで、絵画を見る楽しみも増えますように。


 参考文献:ジェイムズ・ホール、高階秀爾監修「西洋美術解読事典」河出書房新社
c0145299_2230241.jpg

[PR]
by kanko39 | 2008-02-27 22:37 | 花のイコノグラフィー
  

*ふくふくブログ*2007(C) KANKO all right reserved
by kanko39
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ランキング&リンク集
ご訪問ありがとうございます。 こちらは大阪の上本町駅・谷町九丁目駅近くのKANKOフラワースクールでございます。 お花で人生を楽しくしたいです。

お帰りの際、下のバナーを押していただけると、うれしいです! 他の季節の花のブログに出会えます~
にほんブログ村 花ブログ 季節の花へ
にほんブログ村

クリック応援、感謝♪♪ 人気ブログランキングへ

*旧ブログ'05年3月~'07年10月

ご縁つづきのHP/ブログ
*近藤総合法律事務所
*籾井特許事務所
*CAMEL
*凛匠華
*宝やの宝物。
*ゆるりフラワーデザイン
*お花と共に 

ほんのひと手間の協力
*クリック募金 
ブログパーツ
検索
ファン
ブログジャンル
画像一覧